日本百名城: 松代城

 日本百名城一覧(ホーム)>松代城
松代城松代城
【松代城】松代城の築城は不詳ですが、北信国衆として当地を支配した清野氏の居館として設けられたのが始まりとされます。戦国時代に入ると武田家の侵攻により当地が武田領となり、上杉領に接する戦略的拠点として重要視され武田家の軍師、山本勘助により本格的な城郭へ改修されました。当初は海津城と称し、第四次川中島の戦いでは城代の春日虎綱(高坂昌信)が籠城戦を展開し、武田信玄の本隊を迎え入れるなど重きを成しました。元和8年(1622)に真田信之が13万石で入封すると松代藩を立藩(元々は沼田城に本拠としていましたが、上田城に移り、さらに松代藩に移封となった)、松代城には藩の重要施設として大改修され、城の周辺には武家屋敷、稲荷山宿(長野県千曲市稲荷山:善光寺西街道の宿場町、街道沿いの宿場町で最大の商業町として繁栄)と飯山宿(長野県飯山市:飯山城の城下町、十日町街道の起点)を結ぶ谷街道を城下に引き込み街道沿いには町人町を町割しました。松代城は輪郭式の平城で本丸背後を外堀と見立てた千曲川を配し、残りの3方向を2ノ丸、大手口には丸馬出を設けて三日月堀がそれを囲うといった甲州流築城術(武田家の築城術・縄張り)の特徴が見られます。松代藩の藩主は歴代真田家当主が歴任し、明治維新後に廃城となっています。現在は海津城址公園として整備され、本丸表門などが順次再建され、城下には藩主真田家の城外御殿である新御殿(真田邸)や、鐘楼、藩校文武学校、真田家の菩提寺長国寺、小松姫の菩提寺大英寺真田信重の菩提寺西楽寺、数多くの武家屋敷群などがあります。
松代城松代城
【第四次川中島の戦い】−関東管領に就任した上杉謙信は永禄4年(1561)に関東地方に進出し、小田原北条氏の居城である小田原城(神奈川県小田原市)を取り囲みましたが、落城には至らず膠着状態が続きました。すると、北条家と同盟関係にあった武田信玄は川中島に近い海津城(松代城)を拠点にして北信濃に進出した為、謙信は関東から撤退を余儀なくされました。謙信は目標を海津城(松代城)を攻略に切り替え、北信濃を掌握し、後顧の憂いを無くしてから再度関東進出を目論見、川中島を見下ろせる妻女山に陣を張りました。陣容は謙信は1万3千の兵を率いて妻女山に布陣し、後方支援や補給、補給路の確保の兵が善光寺(長野県長野市)に5千を配させ、対する信玄は2万の兵を率いて一端、塩崎城(長野県長野市篠ノ井塩崎)に入り、様子を見てから海津城(松代城)に入りました。その後、双方膠着状態が続き、最初に痺れを切らした武田方の軍師山本勘助は軍を2手に分け、1手が妻女山を攻撃し、下ってきた上杉軍を残りの1手が迎え撃ちという、所謂「啄木鳥戦法」を具申し受け入れられました。9月9日の深夜、別働隊1万2千を編成した武田家の重臣高坂昌信と馬場信房は海津城(松代城)から妻女山に向けて出陣、武田信玄は残りの8千を本隊として、上杉軍が下ってくると予想された八幡原に布陣しました。翌日の早朝、川中島は濃い霧が発生し視界が遮られる中、その霧が晴れると、武田方の目前に既に臨戦態勢を整えた上杉方の軍勢の姿が現れました。一説によると上杉謙信は妻女山から見下ろした際、武田方の行動に不審な点が幾つも見られた事から、作戦を見破り、深夜のうちに全軍が山を下り川中島に布陣し「車懸りの陣」により絶え間なく武田方に攻撃を加え武田信繁をはじめ、山本勘助、諸角虎定、初鹿野忠次などの主要な家臣を次々に討ち取ったとしています。しかし、戦いが長引くと、武田方の別働隊1万2千が妻女山から急襲し、今度は武田方が上杉方を挟撃する陣容となり、謙信は不利を悟り、本陣のあった善光寺まで一端退き、その後、越後に引き上げました。武田方も追撃する余力が残っておらず結局兵を引いています。損害自体は主要な家臣や数多くの兵を失った武田軍の方が甚大でしたが、上杉謙信の目標だった海津城(松代城)攻略は出来なかった事から作戦的には失敗しています。
スポンサーサイト
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章の利用は許可していません。