日本百名城: 武田氏館(躑躅ヶ崎館)

 日本百名城一覧(ホーム)>武田氏館(躑躅ヶ崎館)
武田氏館(躑躅ヶ崎館)武田氏館(躑躅ヶ崎館)
【武田氏館(躑躅ヶ崎館)】−武田氏館(躑躅ヶ崎館)は永正16年(1519)に武田信虎によって築かれた武田家の居館で、防衛的な観点より行政的、政治的な観点が重要視されました。その分、周囲には実際戦で機能する詰め城が幾つも築かれ防衛ラインを構築しました。武田家は甲斐国の守護職だった事から、必然的に武田氏館(躑躅ヶ崎館)には甲斐守護所が設置されたと推定され、文字通り甲斐国の中心施設となりました。信虎の跡を継いだ信玄(晴信)は領土拡張を目指し、信濃、諏訪、木曽、駿河、三河、遠江、上野国方面まで進出しましたが、居城の移転は行わず、「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」の格言を残しています。信玄の跡を継いだ武田勝頼も引き続き武田氏館を居城としていましたが天正3年(1575)の長篠の戦いで織田、徳川連合軍に大敗した事を受け、領内の刷新と織田家の侵攻に備え新府城(山梨県韮崎市)を築き天正10年(1582)に移転しています。同年、武田家が滅び、一時当地を支配した織田信長が本能寺の変で自刃すると、甲斐国の大部分は徳川領となり、武田氏館(躑躅ヶ崎館)も引き続き甲斐国支配の中心として位置付けられ近代的な城郭へと拡張整備されます。天正18年(1590)、豊臣領になると中心は甲府城に移り武田氏館は廃城になったと思われます。城下町は甲府城の城下町に飲み込まれる形となりましたが三条夫人(武田信玄正室)の菩提寺である円光院や武田信虎の菩提寺である大泉寺、大井夫人(武田信虎正室)の菩提寺である長禅寺、武田家縁の東光寺、入明寺、法泉寺など神社仏閣が周囲に点在しています。

【武田神社】−明治時代に入ると武田信玄が定めたという大小切税法が廃止され、それに反対した農民による大小切騒動が勃発、明治政府は武田信玄を悪人として山梨県内に流布した為、さらなる批判を浴びました。これを受け、政府も住民の懐柔策として武田家縁の史跡の保存を行い、武田氏館は県立躑躅ヶ崎公園として整備される事となりました。その後は住民達から信玄を祭る神社の創建の機運が高まり大正8年(1919)に武田氏館の主郭に社殿が造営されました。

武田氏館(躑躅ヶ崎館)武田氏館(躑躅ヶ崎館)
【要害山城】−武田氏館は、大名の居館より多少規模が大きい程度で、数カ国を領していた武田家の居城としては余りにも脆弱だった為、勝頼の時代には西曲輪と北曲輪が拡張され一応城郭としての体裁が整えられています。信虎時代から、武田氏館(躑躅ヶ崎館)での攻防戦が想定されていなかったようで、ここから北方3キロに要害山城を設けて詰め城とする計画だったようです。軍記物の為、事実かどうかは不詳ですが、大永元年(1521)に福島正成(今川家家臣)が当地域に侵攻してきた際、信虎は武田氏館(躑躅ヶ崎館)を破棄し、要害山城に立て籠もり見事撃退したとし、城内に籠城していた際に武田信玄が生まれたと記載されています。勝頼も改修、改築に力を入れていますが、結果的に新府城(山梨県韮崎市)に移り、さらに、家臣である小山田信茂の進言を受け、小山田家の居城である岩殿山城に向かう途中、信茂の裏切りにより天目山の麓で自刃し武田家が滅亡しています。要害山城は比高200〜300mの山頂付近に築かれた中世の山城で、左右が高い城壁、尾根沿いの大手口には幾重にも郭が造成され、それぞれ厳重な城門が設けられ、要所には石垣も利用していました。要害山城は現在でも郭の形状や、石垣、空堀、竪堀、土塁などの遺構が明瞭に残り、名称「要害山」として平成3年(1991)に国指定史跡に指定されています。
スポンサーサイト
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章の利用は許可していません。